都内でマイクロブタに会えるカフェはどこ?ミニブタとの違いとは?

2020年7月28日の『マツコの知らない世界』ではポイ活の世界と可愛すぎるマイクロブタの世界について放送されます。

日本ではペットとしてまだまだ定着していないブタ。

今回はその中でもマイクロブタについてを、マイクロブタカフェ店主・皆川竜二さんが紹介します。

この記事では、都内でマイクロブタに会えるカフェを2ヶ所ご紹介します!

また、よく耳にする『ミニブタ』とマイクロブタとの違いについても説明しています。

都内でマイクロブタに会えるカフェはどこ?

都内でマイクロブタに会えるカフェ2選

引用:mipig

都内でマイクロブタに会えるブタカフェを2店ご紹介します!

mipig cafe(マイピッグカフェ)

マイクロブタと触れ合えるカフェ2選

引用:mipig

2020年7月28日放送の『マツコの知らない世界』で、マイクロブタを紹介する皆川竜二さんの運営するカフェです。

日本初のマイクロブタと触れ合えるカフェのmipig cafe。

このカフェを運営する会社、mipigは国内に自社のファームを持ち、マイクロブタの繁殖を行なっています。

またそれだけでなくカフェという場の中でも、マイクロブタの育成・販売をしています。

マイクロブタと触れ合えるカフェ2選

引用:mipig

店舗は目黒と原宿の2店舗あり、どちらもとても可愛らしいたたずまい。

もちろん内装もそれぞれのテーマが決まっており、とても可愛らしいんです!

来店には予約が必要で、予約はネットからのみ受け付けています。

目黒店

都内でマイクロブタに会えるカフェ2選

店名mipig 目黒店
住所東京都目黒区目黒4-11-3
営業時間10:00〜20:00
利用料金最初の30分800円、以降30分ごとに500円+ワンドリンク制
公式
URL
https://mipig.co.jp/service/cafe/meguro/

 

原宿店

都内でマイクロブタに会えるカフェ2選

店名mipig 原宿店
住所東京都渋谷区神宮前1-15-4
営業時間10:00〜20:00
利用料金1000円/30分+ワンドリンク制
公式
URL
https://mipig.co.jp/service/cafe/harajuku/

こちらのカフェの代表・皆川竜二さんは、マイクロブタ愛溢れるハーフイケメン!

こちらの記事で紹介しています。

【画像】皆川竜二がハーフでイケメン!マイクロブタ愛溢れる詳細プロフィールを紹介!

豆豚カフェ

こちらのカフェはマイクロブタだけでなく、ミニブタにも会えるカフェ。

(マイクロブタとミニブタの違いは次の項目でくわしく説明しています。)

同ビルには豆柴カフェやフクロウカフェも入っています。

こちらのカフェは、現地で当日の予約をとるタイプのお店。

受付をして、指定された時間に再度お店を訪れる必要があります。

店名にもある「豆豚」とは、お店にいるような小型のブタさんの愛称だそうです。

都内でマイクロブタに会えるカフェ2選

店名豆豚カフェ
住所東京都渋谷区神宮前1丁目6番10号2F
営業時間11:00〜19:00(平日)
10:30〜19:30(土日)
利用料金大人:980円(13歳以上)
小人:780円(6歳~12歳・要保護者同伴)ワンドリンクつき
公式
URL
http://mamebuta-cafe.com/sp/index.html

マイクロブタ・ミニブタの違いは?

マイクロブタは聞き慣れない人も、ミニブタは聞いたことがあるのではないでしょうか。

どちらも小さいブタ、というイメージのある名前ですがそれぞれ違うブタを指す言葉。

その違いをまとめています。

マイクロブタとは?

マイクロブタと触れ合えるカフェ2選

引用:ORICON NEWS

マイクロブタとは、成熟した大人の状態で18〜40kgのブタの総称です。

海外では別名『マイクロピッグ』『ティーカップピッグ』などとも呼ばれています。

あくまで重さで分類したブタさんの総称なので、マイクロブタという品種があるわけではありません。

ミニブタとは?

マイクロブタと触れ合えるカフェ2選

引用:anicom you

ミニブタとは、40〜100kgのブタを指す言葉です。

40〜100kgってかなり大きいですよね。

成人女性・男性を問わず、体重と比べるとミニブタの方が重いなんてことも少なくないでしょう。

ではなぜ『ミニ』と呼ばれるのか、というとミニブタと比べる対象は家畜用のブタだからです。

家畜用ブタは100kg以上の個体がほとんどであるため、それと比べて小さいものをミニブタと呼んでいるのです。

そのためマイクロブタ同様、『ミニブタ』は品種を指す言葉ではありません。

マイクロブタとミニブタの違い

マイクロブタとミニブタの違いはたった一つ『重さ』です。

都内でマイクロブタに会えるカフェ2選

こちらの画像は、自社のファームでマイクロブタの繁殖から育成(カフェ)、販売、育成サポートやマイクロブタ専用のフード開発を行うmipigさんからお借りしています。

(mipigのカフェについては、前の項目でご紹介しています。)

マイクロブタとミニブタ、それぞれの重さは以下の通り。

マイクロブタ〜40kg
ミニブタ40〜100kg

日本と違って諸外国ではペットとして飼われることも少なくないブタ。

そのため、飼いやすいように品種改良されて小型化していったのですね。

逆に日本では家畜(食用)として、生産性を上げるために太らせた大型のブタが一般的になっています。

しかし近年のペットブームで注目されたのがミニブタ、そしてマイクロブタです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です